Category : Miniトピック

fisco1
3週前

7月雇用統計に対して一定の評価も

 日本時間午後9時30分発表の7月米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比+15.7万人にとどまり、市場予想を下回ったが、6月実績は+24.8万人に上方修正された。失業率は0.1ポイント低下し、3.9%で予想と一致した。市場関係者が最も注目した平均時給の伸び率は6月実績と同水準の前年比+2.7%だった。労働市場の需給関係はひっ迫しているものの、7月の伸び率は市場予想と同水準にとどまった。

 平均時給の伸びが市場予想と一致した場合、リスク選好的なドル買いが優勢になるとの見方が多かったが、現時点でドルは伸び悩んでいる。ただし、非農業部門雇用者増加数が市場予想をやや下回った場合でも、6月と7月の雇用者増加数が合算で40万人に達しており、完全雇用に近づきつつあることを考慮すると、市場は好意的に解釈する可能性がある。 <MK>

fisco1
3週前

7月雇用統計に対して一定の評価も

 日本時間午後9時30分発表の7月米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比+15.7万人にとどまり、市場予想を下回ったが、6月実績は+24.8万人に上方修正された。失業率は0.1ポイント低下し、3.9%で予想と一致した。市場関係者が最も注目した平均時給の伸び率は6月実績と同水準の前年比+2.7%だった。労働市場の需給関係はひっ迫しているものの、7月の伸び率は市場予想と同水準にとどまった。

 平均時給の伸びが市場予想と一致した場合、リスク選好的なドル買いが優勢になるとの見方が多かったが、現時点でドルは伸び悩んでいる。ただし、非農業部門雇用者増加数が市場予想をやや下回った場合でも、6月と7月の雇用者増加数が合算で40万人に達しており、完全雇用に近づきつつあることを考慮すると、市場は好意的に解釈する可能性がある。 <MK>

fisco1
3週前

7月雇用統計に対して一定の評価も

 日本時間午後9時30分発表の7月米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比+15.7万人にとどまり、市場予想を下回ったが、6月実績は+24.8万人に上方修正された。失業率は0.1ポイント低下し、3.9%で予想と一致した。市場関係者が最も注目した平均時給の伸び率は6月実績と同水準の前年比+2.7%だった。労働市場の需給関係はひっ迫しているものの、7月の伸び率は市場予想と同水準にとどまった。

 平均時給の伸びが市場予想と一致した場合、リスク選好的なドル買いが優勢になるとの見方が多かったが、現時点でドルは伸び悩んでいる。ただし、非農業部門雇用者増加数が市場予想をやや下回った場合でも、6月と7月の雇用者増加数が合算で40万人に達しており、完全雇用に近づきつつあることを考慮すると、市場は好意的に解釈する可能性がある。 <MK>

fisco1
4週前

米利上げ継続観測は後退せず

 本日発表される米4-6月期国内総生産(GDP)速報値は、米アトランタ連銀の経済予測モデル「GDPNow」の最新の推計では前期比年率+3.8%から+4.8%と推計されている。外為市場では4%成長は織り込み済み。経済成長率は、1-3月期の+2.0%から大幅に加速する見通しだが、市場関係者の間では7−9月期以降の成長率に対する関心が高まっている。今年後半の成長率が4%台で推移するとの見方は少ないが、現時点で7-9月期以降の成長率が急低下する可能性は低いとみられているが、インフレ率(コアPCE)は2%程度で高止まりする可能性があるため、年内2回の追加利上げ観測は後退しないだろう。

 為替相場については、米国と欧州連合(EU)の貿易戦争はひとまず回避されたものの、自動車関税についての結論は先送りされており、貿易・通商問題を巡って米国とEUが再び対立し、ユーロ・ドルやドル・円相場が乱高下する可能性は残されている。
<MK>

fisco1
4週前

米利上げ継続観測は後退せず

 本日発表される米4-6月期国内総生産(GDP)速報値は、米アトランタ連銀の経済予測モデル「GDPNow」の最新の推計では前期比年率+3.8%から+4.8%と推計されている。外為市場では4%成長は織り込み済み。経済成長率は、1-3月期の+2.0%から大幅に加速する見通しだが、市場関係者の間では7−9月期以降の成長率に対する関心が高まっている。今年後半の成長率が4%台で推移するとの見方は少ないが、現時点で7-9月期以降の成長率が急低下する可能性は低いとみられているが、インフレ率(コアPCE)は2%程度で高止まりする可能性があるため、年内2回の追加利上げ観測は後退しないだろう。

 為替相場については、米国と欧州連合(EU)の貿易戦争はひとまず回避されたものの、自動車関税についての結論は先送りされており、貿易・通商問題を巡って米国とEUが再び対立し、ユーロ・ドルやドル・円相場が乱高下する可能性は残されている。
<MK>

fisco1
4週前

米利上げ継続観測は後退せず

 本日発表される米4-6月期国内総生産(GDP)速報値は、米アトランタ連銀の経済予測モデル「GDPNow」の最新の推計では前期比年率+3.8%から+4.8%と推計されている。外為市場では4%成長は織り込み済み。経済成長率は、1-3月期の+2.0%から大幅に加速する見通しだが、市場関係者の間では7−9月期以降の成長率に対する関心が高まっている。今年後半の成長率が4%台で推移するとの見方は少ないが、現時点で7-9月期以降の成長率が急低下する可能性は低いとみられているが、インフレ率(コアPCE)は2%程度で高止まりする可能性があるため、年内2回の追加利上げ観測は後退しないだろう。

 為替相場については、米国と欧州連合(EU)の貿易戦争はひとまず回避されたものの、自動車関税についての結論は先送りされており、貿易・通商問題を巡って米国とEUが再び対立し、ユーロ・ドルやドル・円相場が乱高下する可能性は残されている。
<MK>

fisco1
1か月前

日本円の先安観は後退するか?

 トランプ大統領は19日、米CNBCのインタビューに対し、連邦準備制度理事会(FRB)による利上げに「うれしくない」と語ったほか、「強いドルは米国を不利な立場に置く」との見方を伝えたことから、ドル売り・円買いが活発となった。市場関係者の間からは「トランプ大統領がドル高や利上げを批判してもFRBの金融政策は変わらない」との声が聞かれており、20日のアジア市場でリスク回避的なドル売り・円買いがさらに広がる可能は低いとの声が聞かれている。

 ただし、トランプ大統領は中国人民元相場の下落についても言及しており、これをけん制しているとみられる。米中貿易摩擦がすみやかに解消されることは難しくなっているが、中国が人民元相場の下落をこのまま放置した場合、米国は通貨安についての批判を強める可能性がある。市場関係者の大半は円相場について米国が批判することはないと考えているが、日本円の先安観は後退するとの声が聞かれている。ドル・円については具体的なドル買い材料が影響されない場合、113円台前半が当面の上値目途になる可能性がやや高まっている。
<MK>

fisco1
1か月前

日本円の先安観は後退するか?

 トランプ大統領は19日、米CNBCのインタビューに対し、連邦準備制度理事会(FRB)による利上げに「うれしくない」と語ったほか、「強いドルは米国を不利な立場に置く」との見方を伝えたことから、ドル売り・円買いが活発となった。市場関係者の間からは「トランプ大統領がドル高や利上げを批判してもFRBの金融政策は変わらない」との声が聞かれており、20日のアジア市場でリスク回避的なドル売り・円買いがさらに広がる可能は低いとの声が聞かれている。

 ただし、トランプ大統領は中国人民元相場の下落についても言及しており、これをけん制しているとみられる。米中貿易摩擦がすみやかに解消されることは難しくなっているが、中国が人民元相場の下落をこのまま放置した場合、米国は通貨安についての批判を強める可能性がある。市場関係者の大半は円相場について米国が批判することはないと考えているが、日本円の先安観は後退するとの声が聞かれている。ドル・円については具体的なドル買い材料が影響されない場合、113円台前半が当面の上値目途になる可能性がやや高まっている。
<MK>

fisco1
6か月前

米FRB議長の議会証言への関心高まる

 米下院金融委員会で半期に一度の議会証言が米東部時間27日午前10時から行われます。
米連邦準備制度理事会(FRB)は先日、1月30−31日に開催された会合の議事録を公表しました。議事録では、多くのメンバーが12月FOMC以降、国内総生産(GDP)の成長見通しを引き上げたことが判明しています。

 メンバーの多くは減税の影響で短期的に成長が押し上げられると見ているようです。また、メンバーは短期的な成長見通しの改善が、政策金利であるFF金利誘導目標の緩やかな上昇の確率を高めるとの見解で合意しています。12月時点での利上げ予測が年3回であったことから、見通しが引き上げられた場合、4回の利上げの思惑が浮上しています。

 一方、ブラード米セントルイス連銀総裁は4回の利上げは多すぎるとの見解を示したほか、インフレ圧力が依然弱いとの判断から2回の利上げにとどまると見るメンバーもいます。市場の一部は今年5回の利上げも可能と見ていますが、景気見通しについてのパウエルFRB議長の見解は注目に値します。
<MK>

fisco1
7か月前

米貿易不均衡の是正は為替ではなく、ルール変更で?

 トランプ米大統領は23日、洗濯機と太陽光パネルに輸入関税をかける大統領令に署名しました。米通商法201条に基づく緊急輸入制限(セーフガード)がトランプ政権で初めて発動されたことになります。報道によると、米国政府のこの措置に対して中国、韓国、欧州などが厳しく批判しているようです。

 ただ、トランプ大統領は「これにより通商戦争が引き起こされるわけではない」、「雇用が回復し、われわれは自分たちの製品を自ら製造することになる。こうしたことは長らくなかった」と述べています。報道によると、米国のセーフガード措置発動について欧州委員会は、「世界貿易機関(WTO)規定に違反していないか深刻な疑念がある」と伝えており、この措置によってEU加盟国の輸出が影響を受けた場合は躊躇なく対応するとの見解を表明しています。

 貿易・通商問題はドル売り材料になりやすいことから、主要通貨に対するドル売りが急速に進んでいます。ムニューシン財務長官はドル安を容認しているとの見方が広がっていますが、市場関係者の間では「トランプ大統領は為替(ドル安)によって輸出を拡大しようとは考えていない」、「あくまでも制度変更による米国製品の輸出拡大や輸入減少を通じて貿易不均衡の是正を図ることを狙っている」との見方が多いです。

 トランプ大統領は日本円やユーロを意図的に安くするような政策には反対するものの
(この点については米財務長官も同じ考えであると思われます)、ドル安による輸出促進策は念頭にないはずです。この点は1980年半ば頃から1995年頃までの状況(ドル安による貿易不均衡の是正)と大きく異なっているのではないかと思われます。
<MK>

fisco1
7か月前

米政治不安を意識したドル売り

 米長期金利の低下を背景にドル売り・円買い地合いが継続している。また、日銀が今後金融正常化に踏み出すとの思惑から海外勢による円買いが根強いもよう。さらに、米司法省当局者がロシアゲートをめぐる捜査で、セッションズ米司法長官を聴取したことが明らかとなったこともドルの上値を抑える要因となっている。 <MK>

前の記事へ »