Category : NY市場・クローズ

fisco1
1週前

10日のNY市場は下落



NYDOW;25313.14;-196.09
Nasdaq;7839.11;-52.67
CME225;22180;-120(大証比)



10日のNY市場は下落。ダウ平均は196.09ドル安の25313.14、ナスダックは52.67ポイント安の7839.11で取引を終了した。トランプ大統領がトルコから輸入する鉄鋼及びアルミニウムへの関税額を2倍に引き上げたことにより、トルコ・リラが急落するなど金融市場の混乱を招き、株式相場も終日軟調推移となった。セクター別では、食品・生活必需品小売やエネルギーが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や自動車・自動車部品が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の22180円。ADRの日本株はトヨタ、ソフトバンクG、ファナック、NTT、三菱UFJ、東京海上HD、ファーストリテ、エーザイ、任天堂、キヤノンなど、対東証比較(1ドル110.83円換算)で全般軟調。
<SK>

fisco1
2週前

3日のNY市場は上昇



NYDOW;25462.58;+136.42
Nasdaq;7812.01;+9.33
CME225;22555;+45(大証比)



3日のNY市場は上昇。ダウ平均は136.42ドル高の25462.58、ナスダックは9.33ポイント高の7812.01で取引を終了した。7月雇用統計で失業率が前月比で低下したほか、平均時給が予想に一致し、買いが先行。中国政府が米国からの輸入品600億ドル相当への追加関税案を発表し、米中貿易摩擦への先行き懸念が広がったものの、小幅上昇となった。セクター別では、自動車・自動車部品やメディアが上昇する一方で商業・専門サービスやエネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22555円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、任天堂、東京海上HD、資生堂、ホンダ、三井住友など、対東証比較(1ドル111.25円換算)で全般堅調。
<SK>

fisco1
2週前

3日のNY市場は上昇



NYDOW;25462.58;+136.42
Nasdaq;7812.01;+9.33
CME225;22555;+45(大証比)



3日のNY市場は上昇。ダウ平均は136.42ドル高の25462.58、ナスダックは9.33ポイント高の7812.01で取引を終了した。7月雇用統計で失業率が前月比で低下したほか、平均時給が予想に一致し、買いが先行。中国政府が米国からの輸入品600億ドル相当への追加関税案を発表し、米中貿易摩擦への先行き懸念が広がったものの、小幅上昇となった。セクター別では、自動車・自動車部品やメディアが上昇する一方で商業・専門サービスやエネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22555円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、任天堂、東京海上HD、資生堂、ホンダ、三井住友など、対東証比較(1ドル111.25円換算)で全般堅調。
<SK>

fisco1
2週前

3日のNY市場は上昇



NYDOW;25462.58;+136.42
Nasdaq;7812.01;+9.33
CME225;22555;+45(大証比)



3日のNY市場は上昇。ダウ平均は136.42ドル高の25462.58、ナスダックは9.33ポイント高の7812.01で取引を終了した。7月雇用統計で失業率が前月比で低下したほか、平均時給が予想に一致し、買いが先行。中国政府が米国からの輸入品600億ドル相当への追加関税案を発表し、米中貿易摩擦への先行き懸念が広がったものの、小幅上昇となった。セクター別では、自動車・自動車部品やメディアが上昇する一方で商業・専門サービスやエネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22555円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、任天堂、東京海上HD、資生堂、ホンダ、三井住友など、対東証比較(1ドル111.25円換算)で全般堅調。
<SK>

fisco1
2週前

3日のNY市場は上昇



NYDOW;25462.58;+136.42
Nasdaq;7812.01;+9.33
CME225;22555;+45(大証比)



3日のNY市場は上昇。ダウ平均は136.42ドル高の25462.58、ナスダックは9.33ポイント高の7812.01で取引を終了した。7月雇用統計で失業率が前月比で低下したほか、平均時給が予想に一致し、買いが先行。中国政府が米国からの輸入品600億ドル相当への追加関税案を発表し、米中貿易摩擦への先行き懸念が広がったものの、小幅上昇となった。セクター別では、自動車・自動車部品やメディアが上昇する一方で商業・専門サービスやエネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22555円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、ソフトバンクG、ファナック、ファーストリテ、任天堂、東京海上HD、資生堂、ホンダ、三井住友など、対東証比較(1ドル111.25円換算)で全般堅調。
<SK>

fisco1
3週前

27日のNY市場は下落



NYDOW;25451.06;-76.01
Nasdaq;7737.42;-114.77
CME225;22615;-65(大証比)



27日のNY市場は下落。ダウ平均は76.01ドル安の25451.06、ナスダックは114.77ポイント安の7737.42で取引を終了した。寄付き後は、4-6月期GDP速報値が予想に概ね一致したほか、ネット小売のアマゾン(AMZN)の好決算を受けて、買いが先行したものの、複数の主要企業決算が嫌気され、下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円安の22615円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、資生堂、東京海上HD
、コマツ、三井トラストが堅調な一方で、任天堂、ファナック、ソフトバンクG、ソニー、ファーストリテ、ブリヂストンはさえないなど、対東証比較(1ドル111.05円換算)で高安まちまち。
<SK>

fisco1
3週前

27日のNY市場は下落



NYDOW;25451.06;-76.01
Nasdaq;7737.42;-114.77
CME225;22615;-65(大証比)



27日のNY市場は下落。ダウ平均は76.01ドル安の25451.06、ナスダックは114.77ポイント安の7737.42で取引を終了した。寄付き後は、4-6月期GDP速報値が予想に概ね一致したほか、ネット小売のアマゾン(AMZN)の好決算を受けて、買いが先行したものの、複数の主要企業決算が嫌気され、下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円安の22615円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、資生堂、東京海上HD
、コマツ、三井トラストが堅調な一方で、任天堂、ファナック、ソフトバンクG、ソニー、ファーストリテ、ブリヂストンはさえないなど、対東証比較(1ドル111.05円換算)で高安まちまち。
<SK>

fisco1
3週前

27日のNY市場は下落



NYDOW;25451.06;-76.01
Nasdaq;7737.42;-114.77
CME225;22615;-65(大証比)



27日のNY市場は下落。ダウ平均は76.01ドル安の25451.06、ナスダックは114.77ポイント安の7737.42で取引を終了した。寄付き後は、4-6月期GDP速報値が予想に概ね一致したほか、ネット小売のアマゾン(AMZN)の好決算を受けて、買いが先行したものの、複数の主要企業決算が嫌気され、下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円安の22615円。ADRの日本株はトヨタ、NTT、資生堂、東京海上HD
、コマツ、三井トラストが堅調な一方で、任天堂、ファナック、ソフトバンクG、ソニー、ファーストリテ、ブリヂストンはさえないなど、対東証比較(1ドル111.05円換算)で高安まちまち。
<SK>

fisco1
1か月前

20日のNY市場は下落



NYDOW;25058.12;-6.38
Nasdaq;7820.20;-5.10
CME225;22525;-195(大証比)



20日のNY市場は下落。ダウ平均は6.38ドル安の25058.12、ナスダックは5.10ポイント安の7820.20で取引を終了した。トランプ大統領が中国からの輸入品全てに追加関税を賦課する可能性を示唆し、貿易摩擦への懸念から売りが先行。ハイテク株を中心に上昇に転じる場面もあったが、相場を押し上げるには至らなかった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比195円安の22525円。ADRの日本株はトヨタ、ファナック、ファーストリテ、NTT、任天堂、エーザイ、ブリヂストン、HOYA、キヤノン、東京海上HDがさえないなど、対東証比較(1ドル111.41円換算)で全般軟調。
<SK>

fisco1
1か月前

20日のNY市場は下落



NYDOW;25058.12;-6.38
Nasdaq;7820.20;-5.10
CME225;22525;-195(大証比)



20日のNY市場は下落。ダウ平均は6.38ドル安の25058.12、ナスダックは5.10ポイント安の7820.20で取引を終了した。トランプ大統領が中国からの輸入品全てに追加関税を賦課する可能性を示唆し、貿易摩擦への懸念から売りが先行。ハイテク株を中心に上昇に転じる場面もあったが、相場を押し上げるには至らなかった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比195円安の22525円。ADRの日本株はトヨタ、ファナック、ファーストリテ、NTT、任天堂、エーザイ、ブリヂストン、HOYA、キヤノン、東京海上HDがさえないなど、対東証比較(1ドル111.41円換算)で全般軟調。
<SK>

fisco1
1か月前

20日のNY市場は下落



NYDOW;25058.12;-6.38
Nasdaq;7820.20;-5.10
CME225;22525;-195(大証比)



20日のNY市場は下落。ダウ平均は6.38ドル安の25058.12、ナスダックは5.10ポイント安の7820.20で取引を終了した。トランプ大統領が中国からの輸入品全てに追加関税を賦課する可能性を示唆し、貿易摩擦への懸念から売りが先行。ハイテク株を中心に上昇に転じる場面もあったが、相場を押し上げるには至らなかった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比195円安の22525円。ADRの日本株はトヨタ、ファナック、ファーストリテ、NTT、任天堂、エーザイ、ブリヂストン、HOYA、キヤノン、東京海上HDがさえないなど、対東証比較(1ドル111.41円換算)で全般軟調。
<SK>

前の記事へ »